公式LINE
メール
電話
Instagram
WEBで予約を完結
トレーニング

筋トレで “リストストラップ” は使うべきか?メリットとデメリットを解説

札幌市中央区東本願寺前駅にある、初心者向けスポーツジム フィットメソッドです。

今回は「筋トレで “リストストラップ” は使うべきか?メリットとデメリットを解説」というタイトルで記事を書いていきます。

購入しておきたいグッズ リストストラップ

筋トレの効果を高める用具の1つに「リストストラップ」と呼ばれるものがあります。

リストストラップは、上の写真にあるよう手首に巻き付けて使用するのが基本で、握力をサポートしてくれるものです。

デッドリフトのような握力が要求される種目においては「まだまだ重さを増やせるのに、前腕が疲労して重量を扱えない」なんてこともあり、初心者・上級者問わず、購入しておきたいグッズとして知られています。

私自身ももちろん愛用しており、筋トレの効果を高めたいのであれば、まさに必需品と言っても過言ではないでしょう。

デッドリフトとリストストラップ

リストストラップに関する研究はいくつか行われており、例えば (1) では、男性を対象に、デッドリフトの最大挙上重量にどのような影響が及ぶのかを調べています。

結果は以下の通り、

・リストストラップを使用した場合:177.0 ± 28.9 kg
・リストストラップを使用しなかった場合:160.6 ± 26.0 kg

こんな感じになっています。

最大挙上重量が大きいということは、その分重たい重量でのトレーニングができますので、筋トレの効果も高まると考察可能です。

また、同じように (2) では、女性を対象に研究が行われているのですが「リストストラップを使用することで、デッドリフトの反復回数が増え、握力の低下を抑えることができる」と報告されています。

反復回数が増えれば筋トレの効果も高まるでしょうし、握力の低下を抑えられれば次の種目にも良い影響が出るはずです。

このような理由から、デッドリフトのような握力が要求される種目においては、リストストラップを使用するに越したことはないでしょう。

リストストラップを使用するデメリット

先ほど、リストストラップの使用には、

・最大挙上重量が大きくなる
・反復回数が増える
・握力の低下を抑えることができる
・結果、筋トレの効果を高め、次の種目にも良い影響が出る

とのメリットがあることがわかりました。

では逆に、リストストラップを使用することで何かデメリットはあるのかというと「握力 (前腕) が鍛えられにくい」という点が挙げられます。

握力 (前腕) は、テニスやバドミントンなど、モノを握る動作が要求されるスポーツには必要不可欠ですし、また見た目においても、特に男性では目立つ部位になってくるかと思います。

このような理由から、知り合いのアスリート系パーソナルトレーナーは「デッドリフト男性100kg・女性50kgまではリストストラップを使用させない」というルールを定めて指導を行っているくらいです。

そのため、個人的には、

・極力リストストラップを使用しないように心がける
・握力 (前腕) がネックとなりトレーニングに悪影響の出る種目は迷わずリストストラップを使用する
・握力 (前腕) を別に鍛える種目もたまには取り入れる

という流れをオススメしています。

こうすれば、リストストラップを使用するデメリットを回避しながらも、最大限メリットを享受することができるでしょう。

最後に

今回は「筋トレで “リストストラップ” は使うべきか?メリットとデメリットを解説」というタイトルで記事を書いてきましたがいかがだったでしょうか?

次回作もご期待ください。

 

参考文献

(1) The Use of Lifting Straps Alters the Entire Load-Velocity Profile During the Deadlift Exercise

(2) The Effect of Lifting Straps on Deadlift Performance in Females

関連記事

  1. 45分?60分?筋トレ時間の目安 長時間のトレーニングはダメ?

  2. 大胸筋上部の強化には角度をつけたインクラインベンチプレスが効果的?

  3. 加圧トレーニングの効果は?意味ないって本当?普通の筋トレとの違い

PAGE TOP